引き寄せメソッド1day講座開催!

引き寄せメソッド1day講座をGWの真っただ中、5/2に行いました。




量子論 脳科学 引き寄せメソッド1day講座
この講座は、6か月の引き寄せメソッドマスター講座をぎゅー!っと凝縮した、1day講座(*´▽`*)




勉強が出来るから、いい大学に入れる。




いい大学に入るから、いい企業に入れる。




いい企業に入るから、収入が安定する。




「~があるから、~できる」




【原因があるから、結果がある】それが、私たちがあたりまえのように理解している自然界の法則。




それを、ニュートン物理学、別名、古典物理学といいます。




あなたが、時速3kmであるけば、1分後には、50メートル先に到着しています。




あなたが、東京駅発→新大阪行きの新幹線に乗れば、2時間33分後に、大阪に到着します。




こんな具合に、原因があるから、結果がある。それをあたりまえのように学校で学んできたし、ずーっと学んできたし、それが信じて疑わない常識です。




ぼくたちが目の前の現実(マクロの世界)では、これらの現象はあたりまえで、何の疑問もないし、あたりまえ過ぎますよね?




でも、超ミクロの世界を扱う量子論から見ると、原因があるから、結果があるというのは、全く成り立たないんですΣ(・□・;)




あらゆる物質は、素粒子という物質の最小単位の集合体です。素粒子は物質を創る分子をさらに細かくしたときの、最小単位のことをいいます。




その素粒子は、「原因があるから、結果がある」的な動きはまったくしなくて、【自由】なんです。自由に振る舞う。それが素粒子の本質です。




つまり、すべての物質の源である最小物質の素粒子は、自由氣ままに振る舞っている存在であり、「原因があるから、結果がある」とか、ニュートンが万有引力を発見した以降発展してきた、古典物理学とはまったく違う振る舞いをするのです。科学の常識を覆してしまったのです。




現実という、マクロの現象で起こっている、「原因があるから、結果がある」という現象と、超ミクロの現象で起こっている、「なにも決まっていない」という現象。




マクロの物質、例えば、建物にしても、人間の身体にしても、超ミクロである素粒子の集合体です。超ミクロの素粒子は、「なにも決まっていない自由な状態」だから、これまで、ずーっと信じられてきた。原因があるから、結果がある。という、当然の理論が・・・、超ミクロの世界では・・・




「いやいや、原因も、根拠もかんけーねー。なーんも決まってねえから。超ミクロの世界、なーんも決まってねえから」




めちゃ自由に、氣ままに、振る舞っちゃっているんですΣ(・□・;)




じゃー、なーんも決まってないのに、どうやって物質の大元である素粒子は、物質を創っているの??




それが、ひとの意識なんです。




【意識】という観測が、素粒子に作用して、その意識に沿って、波で漂っている素粒子が、位置と時間を決定し、粒(物質)となるんです。




てことは、




学歴が低いから、お金がない!とか、




安い給料だから、お金がない!とか、




「~だから、~がない」のような、




原因があるから、結果があるっていうのは、超ミクロの素粒子から見ると、「そんなのかんけーねー」し、そもそも成立し得ないんです。




意識という観測が、すべての物質の大元である超ミクロの素粒子に作用することだけが決まっている。




原因が、結果という未来を創るのではなく、意識がという観測が、未来を創っているんです。




ナポレオンヒルは、「思考が変われば、現実が変わる」と言葉を残していますが、もう少し厳密に言えば、意識が現実化するってことです。意識が思考のベースとなり、それが現実となる(未来を創る)。つまり、意識が変われば、現実は変わるのです。




どんな過去があっても。




どんな悲しみがあっても。




未来には影響を与えません。




いまの現実を、どういう意識で見ているか?という観測が、超ミクロの素粒子に作用し、その素粒子が意識に沿って現実を決めていき、その現実を脳が捉えているわけですから。




であれば、意識状態を整えることが大いなる一歩となるのです(*´▽`*)




ゲリライベント 6/8、6/9「脳と腸が喜ぶお話会」
開催場所:渋谷エスタシオンカフェ 参加費2,000円