言葉の振動で、不安は解消し、安心に反転する


不安も、不満も、怖さもすべて〇〇〇



「あの人はすごいなぁ~」
「自分がダメだから」
「どうせ、ムリ」




自分への「ダメ出し」ってみんな得意ですよね? 


ぼくも、かなり得意ですが(*`艸´)ウシシシ 


先日は、いつぶりだろうってくらい、仕事が手につかないくらいに、自分に超ダメ出しモード。


不安という穴を埋めるために、




感謝しろよ!
褒めろよ!
認めろよ!




不満が暴走して仕方なかったです┐(´∀`)┌ヤレヤレ




不安という穴があると、誰かに、他人に埋めてもらいたくて仕方がなくなる。




それでも、しっかりと、自分のダメさ、不安な氣持ち、怖さを、しっかりと口に出せて、相手に伝えて、不安も、不満もきっちりと処理できたので、朝起きたらスッキリでした=^_^=



言葉のひびきのチカラで解消しよう!



不安、
怖さ、
不満、




どうしても身体の中にできてしまったら、言葉にして、出す。


なぜなら、口に出すと、「あ、これが不安だったんだ」、「あ、これに怖さを感じてたんだ」「あ、これに不満を感じてたんだ」と、共振して、身体が振動するからです。


その感覚が、納得感であり、安心感。


不安も、怖さも、不満も、素粒子なわけで、固有振動数(周波数)があります。


その固有振動数を共振させるには、声を出すことです。


いろんな言葉・声をだすことは、すなわち、さまざまな周波数を発することなんです。


その口から出る言葉の固有振動数が、不安、怖さ、不満の持つ固有振動数と、共振してひびき合えば、「あ、これが 不安だったんだ」、「あ、これに怖さを感じてたんだ」、「あ、これに不満を感じてたんだ」と、氣付ける。


で、氣付ければ、不安も、怖さも、不満も解消する。


だから、量子論的に見れば、氣付くって、共振なんです。


固有振動数と共振・共鳴


言葉は、体内の感情と共振し、身体が共鳴するから、納得感・安心感を響き渡らせ、身体に納得・安心を与えます。


口から出す言葉が多いほど、体内に無数にある固有振動数と共鳴する確率が増え、言葉の固有振動数と、感情の持つ固有振動数が共鳴すると、氣付けるから、納得感とともに、安心感が増えていくのです。


言葉に出すって、納得感、安心感を生み出すための最強のツールなんですね。



次回募集をおまちくださいね



先日、こちらの記事でお知らせした、引き寄せ要素の入った強み発掘セッションですが、募集枠がすぐに埋まってしまいました!


迷っていた方、ご興味ある方は、次回の募集をお待ちくださいね。個別セッションの効果、詳細はこちら