量子論的お金の引き寄せメソッド~もう会社員な人生に翻弄されないために~

「会社いやだな~」


「満員電車も、もううんざり・・・」


「給料も上がらない・・・」


会社員時代、アタマの中でブツブツと会社への文句ばかり言ってました。


それでも、家族のため、生活のため、どんよりした氣持ちのままに会社に出社。


「生活のためには、多少の我慢は必要だよね。」


「多少は、じぶんを犠牲にしなければいけないよね。」


「だって、じぶん1人じゃ、なにもできないもん。」


「だから、我慢してでも会社に行くしかないじゃん。」


心のどこかでふて腐れていたせいか、ほぼ毎日、部長、課長にダメ出しばかりされ、ミスばかり指摘されてましたね。



ミスを指摘されるのがイヤだから、細心の注意を払って報告書を作成し、資料を作成する。


でも。


ミスを減らそうとしても、ミスが減らない。


それどころか、なんども同じミスを繰り返してしまう。


報告書を書いても、注意され、小言や、イヤミを言われる。


上司に報告をしても、どうがんばっても、叱られてばかり。


それが日常だから、週末に上司のことがアタマに浮かぶだけで、胸が締め付けられ苦しくなる。


上司からの評価・査定もあがらない。


結果、給料もあがらないし、ボーナスも上がらない。


お金が増えない。


そして、いつも、生活はカツカツ・・・


不安が不安を呼ぶ負のサイクルでした。


モゥダメポ゙━━。゚(。ノωヽ。)゚。━━ォ!!!


じぶん自身を否定し続ける状態が確定し続ける?!



「給料がなきゃ、生活できるわけない!」


「会社辞めたら、家族に迷惑を掛けてしまう」


「お金がなくなるなんて、こわい!」


「やっぱり、辞めるなんて、怖くてできない!」


会社を辞めたい!


でも・・・辞めれない。


そんな禅問答をアタマの中でつぶやいていれば、脳内が不安に支配されて、イヤイヤ、シブシブ働かざるを得なくなりますよね(;´∀`)


で、イヤイヤ働いているから・・・


社内で会議があるたびに、「必要あんのかよ?!」


新しい仕事が入るたびに、「現場のことわかってんのかよ?!」


納期を短縮されるたびに、「なんで、そんなに急かすんだよ!」


もう、脳内でも、態度でも、会社への不満、タラタラ(;´∀`)


ストレスいっぱいで、我慢を強いながらの会社員生活を、ず~っと続けていましたね。


しかも、14年も。


「生活費を稼がなきゃいけない」


「毎月20、30万円以上の安定収入を得なければいけない」


「だから、会社にしがみついてでも、働かなきゃいけない!」


「だって、会社に行かなきゃ生きていけないもん!」という、心の底からの不安、おそれ。


『ぼくは、会社に依存しなきゃ、なにもできないもん!』


『じぶんひとりでは、ダメだもん!』という、自己否定。


そんな無意識状態が、じぶんを否定するような現象を現実化させていたんです。


無意識領域で自己否定をしているから、じぶん自身の存在を否定するかのような現象がどんどん現実化し、ぼくの存在を否定するような状態が現実となっていました。





たとえば、どんなにがんばっても、なぜかミスがなくならないとか(笑)


上司への報告も、細心の注意を払っても、なぜかダメ出しばかりされるとか(笑)


そんな現象を毎日引き寄せていました。


望まないことを引き寄せる、『逆引き寄せ』、ですね(笑)(笑)(笑)

独立して分かったお金の引き寄せ



会社を独立後、継続セッションや、引き寄せメソッドマスター講座をしごとにしてから、さまざまな方にお会いできる機会に恵まれるようになりました。


日々、継続セッションをさせて頂くなかで実感することは、ひとによって、実感する現実はまったく異なる!という事実です。


たとえば、新型コロナウイルスという現実でも、解釈の仕方は、まさに、十人十色。


ひとは、無意識のうちに、見たいように現実を解釈するのを、まざまざと痛感しています。


お金が「ない」観念のひともいるし、お金が「ある」観念のひともいます。


不安だ・・・という雰囲氣のひとも居るし、トントン拍子で波に乗って絶好調の人もいます。


ぼく自身のケースであてはめれば、会社員時代のように、ストレスまみれで、我慢し続ける現実もある。


ゆたかで、充実していて、好きなことだけで生きる現実もある。


実際に、さまざまなお客さまと出会う中で、


・会社員として給料を稼ぐ人。


・月に1度しか働かない人。


・午前中しか働かない人。


・週3日ほどだけ働くひと。


・配当金がすごい額入るひと。


・馬券があたってすごい額のひと。


・臨時収入があり得ない額のひと。


・独立したらあれよ、あれよと、
 うまくいくひと。


・自己投資が怖いひと。


・1回の自己投資は、100~200万円以上はあたりまえなひと。


などなどなど。


働き方もそれぞれだし、お金に対する観念も、ほんとに千差万別なのを実感しています。


会社員のひとは、毎月の給与があたりまえ。


月に1度しか働かない人は、じゆうな時間がたくさんあるのがあたりまえ。


午前中しか働かない人は、午後は映画、ジムなどのじゆう時間なのがあたりまえ。


週3日働く人は、働かないほどお金が入る日常があたりまえ。


本人の思う『あたりまえ』のとおりに、人生が展開しているし、なにを『あたりまえ』と無意識に思っているかで、お金の引き寄せも変わるんです。


毎月1回の給与のひと。


月1回のイベントで、数百万円~1000万円以上の売上をだすひと。


午前中だけ働いて、午後は自由で、年収1000万円以上のひと。


週3日だけ働いて、月100万円以上のひと。


すべて、そのひとにとっての現実ですし、そのひとにとってのあたりまえです。


あたりまえレベルに呼応して、人生は展開されているのです。


あたりまえとは、無意識の思い込みです。


なにを無意識に思い込んでいるかで、体内&体外で発振する周波数が変わり、創造される現実が決まっていくのです。


あなたがなにを、『あたりまえ』と思い込んでいるかで、人生の展開が決まってくるし、その人生に見合った、お金を引き寄せるようになります。


お金があるから人生が変わるのではありません。


『あたりまえ』が変わることで、その無意識レベルのあたりまえに呼応して、お金を引き寄せているのです。

あなたの源である細胞と量子(素粒子)の関係性から、お金の引き寄せが変わる?!



細胞の元となる細胞核は、振動し、光を発振し、細胞間で生命維持に必要な生体情報を送受信しています。


さらに、その振動は、意識によって振動数が変わることがわかっています。


で、その振動から生み出される周波数は、体外にも発振されるから、細胞の振動どおりの現実が創造されていく。


会社員として、毎月の給与が決まっている人は、その状態を維持するために、細胞間で周波数を送受信する。


その体内の周波数は、体外にも出ていくので、その周波数に合わせて現実が確定するから、その現実に応じたお金を引き寄せるわけです。


月1回のイベントで、数百万円~1000万円以上の売上をだすひとも同様の原理で、細胞間の周波数に合わせた現実を確定し、お金を引き寄せる。


午前中だけ働いて、午後は自由で、年収1000万円以上ひとも。


週3日だけ働いて、月100万円以上のひとも。


人は誰しも例外なく、現実という状態を維持するための光子を細胞が発振し、細胞間で光子の発する周波数を送受信しています。


それが人体の仕組みであり、命の営みだからです。



その命の営みに織りなす周波数によって、現実が確定し、その現実に応じたお金を引き寄せるんです。





あなたの思い込みの執着を捨て、あたりまえの幅が広がっていく。


で、実際。


あたりまえの幅が広がるほど、どんな現実でも起こる可能性が増えて、お金のゆたかさも増えていくのです。


無意識の思い込みを外すこと。


あたりまえの幅を広げること。


世の中には、いろんな生き方が存在します。


いろんなライフスタイルがあります。


さまざまなお金の入り方があります。


それは、もう、千差万別に存在します。


千差万別の生き方に触れることは、さまざまな可能性に触れることであり、どんな人生でも可能なんだという希望へとつながるし、どんな生き方でもやっていけるんだという安心につながります。


その自分への希望と未来への安心感覚が、じぶんらしい周波数を発振することになり、ゆたかさも、お金も引き寄せることになるのです☆彡