問題は、問題じゃない。~素粒子と引き寄せから見る問題の正体~

『集客できない』


『文章発信ができない』


『人にうまく説明できない』



あなたにとっての、


『問題だ!』


『解決しなきゃ!』


『なんとかしなきゃ!』


『治さなきゃ!』


と、感じる状況って、ありますよね?


というか、問題だ!って感じることって、1日のうちでどれくらい思うんだろう?!ってくらい、瞬間、瞬間に発生しますよね(;´∀`)


事実、問題があれば、なんとかしたい!と、感じるのが、ひとの素直な欲求です(;”∀”)


でも、そもそも、問題って・・・


なんで、発生するの?


・・・って、思ったことありませんか?


ぼく自身、よく感じる素朴な疑問なんですよね(;´∀`)


問題ってなんだろう?って。


なので、今回は、【素粒子と引き寄せから見る問題の正体】というテーマで書いてみたいと思います。

問題は、安心していい。



問題だ!って意識は、そもそも、『ない』から生まれます。


・答えが見つから『ない』


・どうしていいかわから『ない』


・なにをしていいかわから『ない』



なにかが足り『ない』から、問題意識が生れます。


量子論論的に見れば、自然界は陰陽の法則です。


『ない』があるのは、『ある』があるからです。


「???」 どういうこと?って感じですよね?


もう少し書いてみますね。


・想いが『ある』


・理想のライフスタイルが『ある』


・実現したい夢、目標が『ある』 



成し遂げたいナニカが『ある』から、でき『ない』現象が発生します。


問題って、『ある』がベースなんです。


たとえば、スキルが足りない。経験ない。自信ない。


これらの意識は、’好きなコーチング、カウンセリング、セラピー、コンサルなどを好きなひとに提供したい!’という、想いです。


達成したい想いが『ある』から・・・、


「集客したい!」


「発信したい!」


「ひとにうまく説明したい!」


って、意識が発生します。


『ある』がなければ、


「集客できない」


「文章発信ができない」


「人にうまく説明できない」


という、現実に、出くわさないし、決して現れることはないのです。



なので、想いが『ある』からこそ、でき『ない』という現実にぶちあたるだけです。


結局、すべて、『ある』から『ない』は、生まれてるんです。


想いが『ある』から、でき『ない』が発生する、陰陽の仕組みです。


でも、実際は・・・。


「集客できない」


「文章発信ができない」


「人にうまく説明できない」


無意識のうちに、『ない』、『ない』と騒いで、不安になって、問題を大きくしちゃってませんか?


問題を大きくして、でき『ない』を増やして、でき『ない』現実を引き寄せていませんか?


そして、落ち込み、行動が止まり、自信をなくしていませんか?


なにを隠そう、ぼくも、よくそうなります(;”∀”)


物質も、空氣も、空間も、現実を構成するすべては、物質の最小単位である素粒子に辿り着くし、引き寄せの法則とは、すべての物質の源となる超ミクロの素粒子の特性が起こしている現象です。


しかも、素粒子は物質の元となる前は、非物質です。振動して『波』として存在する非物質。それが素粒子なのです。


非物質の『波』として存在している素粒子に対し、ひとの意識が発する光子(素粒子の一種)の『波』と衝突することで、素粒子という物質、空氣、空間の最小単位が『粒』として誕生する特性により、現実は構成されているのです。





つまり、あなたがどんな意識の周波数を発振するかで、現実が決まります。


あなたが、落ち込み、行動が止まり、自信をなくすのであれば、そのような不安な状態で素粒子の位置と時間が確定し易くなります。


『ない』に意識が向かうほど、『ない』状態の位置と時間で、素粒子が固定されていくからです。


想いはいつだって『ある』んです。


でき『ない』に意識が向かい過ぎて辛いときは、『ある』を見てください。


想いが『ある』ことを思いだしてください。


不安なまま、自信がないまま、想いはいつでも、『ある』ことに氣付けばいい。


すると、『ある』状態での位置と時間で、現実が固定されやすくなるから、現実は好転していきます。


想いとつながろう。


『ある』とつながろう。


『ある』を表現し、発信しよう。



出発点は想いなのです。


想いが『ある』。


『ある』から、でき『ない』、どうしていいかわから『ない』という、問題がでてくるという、陰陽の仕組みです。


想いにつながれば、想いに意識が向かうから、問題は、問題でなくなるのです。


でき『ない』に、意識が向きにくくなるのです。


想いが『ある』。このちょっとした差の積み重ねが、素粒子を『ある』の位置と時間で固定させ、人生をより良い状況に好転させるのです。