時間がない!は、量子論で解消できる!【時間と量子の関係について】

「忙しくて、時間がない。」
「やることが多すぎて、何から手を付けていいかわからない。」




あなたは普段の生活で、そんなことをよく口にしていませんか?




もっと時間が欲しい!
もっと時間があれば、いろいろできるのに!




量子論的に言えば、この状態はもちろん「時間がない」に意識が向かっている状態であり、「なにかしなきゃいけない」けど、時間がない。という、不安な状態だから、不安を感じるような、時間がない現実が確定し続けるとなります( ノД`)シクシク…




時間がない!いつも忙しい!もっと時間があればなぁ~・・・。それは、いつも感じるのに・・・。




「時間足りる!」って思うことってほとんどなくないですか?




これって、不思議に思いませんか??




しかも、「時間足りる!」 そう感じれないってことは、時間が足りて満足した経験が、ほとんどないってことになりますよね?




先ほども書きましたが、満足できてないってことは、不満や、不安を感じている状態であり、無意識レベルで不満、不安を感じている状態であることに他なりません。




意識はバイオフォトンという光子(光の素粒子)です。



人体を構成する細胞。その細胞の核となるDNAは、バイオ(生体情報)をフォトン(光子)に載せて、情報の送受信を行っています。




人体の細胞の数は60兆個近くから構成されており、その細胞間の生体情報の伝達は、フォトン(光子)でやりとりされているわけですΣ(・□・;)




さらに、細胞は光を吸収備着する機能を備えています。




健康な細胞ほど長時間光を蓄え、放出する時も光に一貫性はありますが、不健康な細胞は短時間で光を消耗し、放出する光も無秩序となることも分かっています。




意識がいい状態であれば、細胞も健康状態になり、意識が不安・不満であれば、細胞も不健康になりがちです。




なぜなら、心と身体は繋がっているからです。




意識がいい状態であれば、光に一貫性があり、意識が不安なときは、光は無秩序となるのであれば、バイオフォトンは意識の質によって、その光の波動(周波数)が変わるということです。




「忙しくて時間がない!」という、不満、不安な意識の状態で細胞が放出するバイオフォトンは、不満、不安の状態の波動(周波数)。




「時間があって、しあわせ!」という、満たされた状態のときに放出するバイオフォトンは、感情が満たされた状態の波動(周波数)。




つまり、細胞は、意識というフォトンを放出しているので、そのフォトン(光子)の発する周波数が、空間中に無数に偏在している素粒子(非物質)と共振し、粒(物質化)になるので、「忙しくて時間がない」状態は、不満、不安の粒(物質)を創り続けるのです。




時間がない!は、意識が満たされない不安な状態であり、その不安な状態が、時間がない!物質を創り続け、そのような現実を創り続けている。




実は、時間がない!のではなく、心が満足していないだけなんです。




心が満足する状態を創らない限り、「時間がない!」はいつまでも現実化され続けていくわけです。




「やりきった!」、「ここまでやれば自分でも満足!」そういう状態こそが、心の満足となり、「時間がない!」という感覚から解放してくれるのです。




だから、「やることをやりきる」んです。




10分、15分と、短くてもいい。決めたことをやりきる。




しかも、人生にとって大切なモノに取り掛かるほど、満足感は高まります。例えば、好きなことで起業することが優先事項が高いなら、その起業のコンセプトを考えることに、ネットサーフィンなどせずに、10分間全力でそれだけに集中する。




大切なのは、その10分間での成果ではありません。




その10分間やれた!という、満足が大切なんです。その満足感が、心を満たすことに繋がり、目の前の現実を変えることに繋がっていく。




「やりきった!」という感覚を日常に創りだそう。




その心が満足した状態が増えるほど、「時間がない!」という呪縛から自らを解放し、満足が増え、現実まで変わっていくのです=^_^=