身体のどこで言葉を発するかで、引き寄せるお金、情報、人脈、状況が変わる!

マザーテレサの有名な言葉にこんな言葉があります。


私は反戦運動には参加しません。しかし、平和活動には喜んで参加します。


Mother Teresa

言霊という言葉があるくらい、言葉のチカラって絶大ですよね。実際に、量子論的に見ても、言葉って現実の創造に大きく作用しています。


厳密に言えば、言葉はあなたの意識状態を表したものです。


そんな言葉の大元である『意識』は、目には見えませんが、周波数を発振しています。


「はぁ?!」って感じですかね?


でも・・・


『職場が重苦しい』とか。


『あの人は、優しそう。』


『あの人は、怖そう。』


初対面の人で話をしたことがないにも関わらず、話もしてないのに、雰囲氣を察知しますよね?


しかも、その直感、けっこうあたりませんか?(笑)


それって、相手からの意識の周波数が届いているからだと思いませんか?


実は、意識が周波数を発振するって、ごくごく身近で起こっている物理現象なんですよ。


(。・д´・。) ほほぅ


意識の周波数は「フォトン」と呼ばれ、そのフォトンの波動が空間中の素粒子と衝突して物質の最小単位である素粒子の粒となり、それら無数の粒の集合体で現実が構成されます。


つまり、言葉で意識していることって、現実化し易いわけです。


で、言葉って、思考状態から生まれますよね?


「会社に行かなきゃ」
「納期に間に合わせなきゃ」
「上司に報告しなきゃ」


こんな具合に、言葉って、意識状態の言語化です。


ちなみに、このときの、無意識の状態ってどんな意識状態なんでしょうかね?


「~しなきゃ」という、焦り、不安の状態でしょうか?


「~したい!」という、ワクワク状態でしょうか?


会社行かなきゃ、報告しなきゃって、ワクワクではないですよね(;”∀”) 


むしろ、「そうしなきゃ生きていけない」っていう、焦り、不安な状態なはず。


無意識が、焦り、不安な状態であれば、焦り、不安意識(フォトン)の周波数を体中から体外へ発することになるので、焦り、不安が現実化しやすくなってしまうわけです。


((;゚;Д;゚;))カタカタカタカタ


ひとは、焦り、不安などを言語化することは、小さい頃から訓練されているので、慣れているんです。


育った生活環境的に、どうしても、焦り、不安は引き寄せやすいんです。


では、あなたにとって望ましい状態を引き寄せるには、どうすればいいのでしょうか?


感情的に嬉しい。
感情が喜ぶ。


感情が、喜び、嬉しい、たのしいなど、感情が満足する状態を身体で覚えることです。


「あ~、しあわせ~」
「あ~、たのしい~」
「あ~、うれしい~」


などなど。


感情がゆたかになると、感情が満足する状態を言葉でボソボソと、つぶやいてしまうことってありませんか?


この状態が増えてくるって、すごく大切です。


なぜなら、引き寄せの法則とは、感情的に満足しているような状態を引き寄せるからです。


この感情的な満足を身体で覚えて、さらに言語化することに慣れるほど、あなたにとって望ましい状態を引き寄せるようになります。


多くのひとは、『感情的な満足を身体で覚えて言語化する』この作業が圧倒的に欠けています。


なので、望ましい状態を引寄せにくいのです。むしろ、望まない状態を引き寄せてしまう(;´∀`)


逆に言うと、アタマでの理解でなく、感覚を信じて行動すると、現実がどんどん好転し、人生が勝手に好転をはじめていくので、毎日が充実して、たのしくなるんですよ☆彡


ウンウン(゚▽゚*(。_。*(゚▽゚*(。_。*)


毎日が充実する。
毎日がたのしい。


その状態は、感情がより満足するので、ますます充実、楽しいを引き寄せるようになっちゃうわけです。


先日もお2人の継続セッションの素敵クライアントさんから、こんな報告を頂きました!


じぶん自身がいい状態になるほど・・・


職場がどんどんたのしくなっている!


1万5千円相当のおせちが当選した(笑)


他にも、3万円近くの商品券があたった(笑)


などなど、嬉しい引き寄せ報告がありました☆彡


それだけ、感情的に満足をするって、パワフルに人生を変えてしまうのです。


隠れた潜在意識を呼び覚ませば、人生はどんどん好転していくから、ますます充実が増えるし、たのしみも増していくのです。