違和感を貫く、量子論的な勇氣~あなたの感覚は、本能からのサイン~

先日、初めましての素敵クライアントさんと渋谷で対面セッションでした☆彡


会社を設立して、じぶんの好きなことをしたい!と、じぶんに素直なステキさんです^^


でも。


『会社を設立したいんだけど、リスクがどうだこうだ・・・』


『やろうとしてる健康事業に、周りが心配ばかりする』


『売上がないと・・・』


『目標を決めないと・・・』



周りからそう言われることにモヤモヤするんです。


そんな相談内容でした。


うん。


売上計画も、目標設定もいらないよ(笑)





ひとの『不』を解消して、売上を上げることに違和感がある。


そのステキさんは、そう仰っていました。


その感覚ってものすごくステキだし、その違和感こそ、大切にしていい。


不を解消するビジネスは、『あなたは、いまのままじゃダメ』という、お客さまへのダメ出しだから、そのお客さまの『不』、不満とか、不足とかを増大させるから。


そこに違和感を感じるのは、めっちゃ、ステキなことです☆彡


だから、Aちゃん(素敵クライアントさん)そのままGoです!


(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン


だって、不を解消し続けるって、お客さまの、不平、不満、不足がいつまでも必要なビジネスになるから。


お客さまの不平、不満、不足がないと成り立たないビジネスだから。


それって、お客さまは、しあわせなの?


お客さまの「不」を指摘して、ダメ出しして、得られるお金ってしあわせなの?



じぶんが楽しくて。


じぶんが面白くて。


こんな生き方があるよ~!


こんな世界があるよ~!


あなたの好きを。


あなたのたのしいを発信して、お客さん自身が。


『そうなりたい!』


『そんな生き方してみたい!』


と、主体的に、じぶんを満たしていく生き方を提案するサービスの方が、お互いにしあわせだよね?


健全だよね?





ターゲットを決めて、不平、不満、不足などの『不』を解消して、それは、マーケティングの王道だけど、そこに違和感を感じるなら、あなたの感覚を信じたほうがいい。


だって、その違和感は、『不』を必要とするビジネスへの嫌悪だから。


お客さまは、ずっと、しあわせにならないかも、しれないね。という違和感だから。


誰もしあわせにならないビジネスだから。


そんなあなたの感覚は。


あなたの生き方は。


あなた自身も、お客さんも、みんなを満たしていくやさしい、愛情ベースだから、すばらしいんだ。


だから、その感覚を誇って信じていい。


その違和感を貫く生き方こそ。


じぶんの感覚を貫く勇氣こそ。


あなたが、じぶんらしくいることで、じぶんも、周りもみんながしあわせになる生き方になりますよ☆彡