言霊による量子論的DNAチューニング

ーーーーーーーーーーーーー

口から言霊だして、細胞DNAチューニング

ーーーーーーーーーーーーー


『いまが生きてて1番たのしい!』


『きょうは、なにも話すことないな~と思ったのにこんな展開になってびっくりです』


『答えを迫って来ないので、安心して考えられて言葉にしやすい』



継続セッションをうけてくれてる素敵クライアントさん達から、ありがたいことに、そんな風に言っていただけます。


ヾ(@^∇^@)ノアリガトー♪


日常生活だと・・・


・じぶんが思ってること。感じてること。


・嫌なこと、氣になってること。


・不安なこと。


・たのしいこと。


・将来のこと。


・言葉にならない想い。


それらを、ただただ聞いてもらって、うけ入れてもらう体験って実は、ほとんどありません。


なぜなら、親、先生、親友に話しをしても、アドバイスが返ってくるからです。


そして、このアドバイスってやつが、曲者です(笑) 


愛情があるからこそ、本人たちは良かれと思って言ってくれるのですが・・・


アドバイスって、ある意味押し付けであり、あなたに対するやわらかな否定なんです。


あなたも、悩みを、親友などに相談に乗ってもらっても、モヤっとした体験あるのではないでしょうか?


それって・・・


➀うけ入れてもらえてない。


➁話し切ってない。


➀、➁のどちらも満たされないと、モヤっとしちゃうんです。


モヤッとしてるのに、アドバイスされるから、スーっと入ってこないんですよね。


(・´ω`・)困ッタナァ…





なので。


継続セッションでは、ただただ、うけ入れてもらう体験を体感してもらい、どんどん内側の感情が言葉にのって溢れてくるのを実感してもらいます。


ただただ、受け入れてもらう。


感情をツトツトと、言葉として発していく。


口から発した言葉の周波数と、体内に存在する”本来のじぶん周波数”が共鳴する感覚を味わってもらう。


これを1、2週間に1回くらいのペースで繰り返いしてくと、本来のじぶん周波数を共鳴させる状態が増え、本来の自分が覚醒し、人生が飛躍していくのです。

言霊=言葉の周波数



でね。


なぜ、そんなことが可能かというと・・・。


言葉って音波という周波数ですよね?


言葉の音波と、体内の音波って共鳴し合うんです。


実際、継続セッションしていると、じぶんが発する言葉の周波数で、”本来の自分の周波数と共鳴する”ときがありますから。


(゚ω゚)(-ω-)(゚ω゚)(-ω-)ゥィゥィ


この瞬間って、ものすごくステキ。


・『おおお~』という、おどろき。


・『私ってそうなんだ!』という、アハ体験。


・『なんだ、思い込みじゃん!』と、思い込みが外れる感覚。


・『しごとよりも○○が大切かも・・・』という、氣付き。



そんな瞬間にコツコツと出会うからこそ、本来の自分が覚醒するんです。


そもそものはなし。


想いとか、使命という本来の自分らしさって、周波数という『波』として、細胞のDNAに刻まれています。





だからこそ。


言霊(言葉の周波数)を口からだすことではじめて、細胞に刻まれた周波数と共鳴して、『はっ!』と氣付けるんです。


『はっ!』とする感覚は、本来の自分が、目覚めた瞬間。


この瞬間、本来のじぶんらしい人生に舵が切り替わり、


・じぶんを生きたい!


・じぶんを活かす生き方を加速したい!


そんな想いが内側から、溢れだします。


口から言葉を発する言霊(言葉の周波数)のどれかが、DNAに刻まれた”本来のじぶんらしさ”周波数と共鳴して、本来の自分に氣づいていく。


そんな時間を提供しているのが継続セッションだから、喜びを感じながら、人生が好転していくのです。


言葉と自分らしさが共鳴する体験。


そんなコツコツを増やしていくと、どんどん自分が好きになりますよ(^^♪