言動は、思考ではなく、無意識が支配する

「今日、なにしよっかな?」


「どの本を買おうかなぁ?」


「カレーにしよっかな?ラーメンにしよっかな?」


ひとは、四六時中ずーっと、なにかしら思考していますよね。


思考止めるなんて、不可能に近い(;”∀”)


その思考なのですが、人が1日で思考する回数をご存知でしょうか?


1日に6万回思考すると、言われています。


思考の定義って、もう少しかみ砕くと、意識していることを言葉で考えているということですよね。


その意識の構成は、おおよそ、思考レベルでの顕在意識は3%、無意識レベルが97%程度です。

あなたは、6万回と聞いて、どんな感覚を覚えますか?


ふ~んて、感じですかね?


感じ方は、人それぞれだと思いますが、ぶっちゃけ、1日に6万回も思考している実感、なくないですか?


ぼくは、ないです(笑)


∩(´∀`)∩ウェー ハッハッハ♪


それもそのはずで、日常生活で、実際に顕在意識で思考できているのは、意識全体の3%程度に過ぎません。


意識の97%が無意識であれば、顕在意識で思考する回数は、6万回のうちわずか、単純計算で1800回程度です。


残りの58000回近くは、無意識のうちに、判断し、行動しています。


1日の大半、23時間近くが無意識な行動という計算です。


こうやって、数字でみると、結構衝撃受けませんか?


ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!


無意識な行動の典型的な例でいえば、歩く、寝る、起きるなどは、無意識で自動でやってますよね。


歩くときに、右足から出して~、次は、左足を出して~、なんて意識してたら、生活に支障をきたします(;´∀`)


つまり、人は誰しも例外なく、日常生活のほとんどは、無意識に支配されているのです。


別の言い方であれば、無自覚な自分が、じぶんを支配している。


マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?


例えば、大勢の人前で話すとか、受験の前とか、やっぱり、緊張のせいで、手に汗かいたり、喉がカラカラに乾いたり、緊張するものですよね。


「だいじょうぶ!だいじょうぶ!」と、どんなに言い聞かせても、緊張が消えない、!な~んて体験は誰にでもあるはず。


3%の思考で、意識全体の97%を占める無意識をコントロールしようとしても、無意識が緊張や、不安なら、やっぱり、そのコントロールは言葉の自己暗示だけでは、相当に至難の業です。実際、どんなに言葉で暗示を掛けても、緊張、不安はなかなか解けない体験が、まさに、無自覚なじぶんが、表面的なじぶんを支配しているなによりの証です。


一方で、本当の自分の意識状態って、手に汗をかいたり、喉はカラカラ・・・、と、身体の状態に現れます。


そう。無意識の状態は、身体に現れるのです。


無意識の状態は、思考に反映されるわけではないのです。


なので、「身体の状態を変える=無意識を変える」となります。


無意識はどう変えればいいのだろう?


どんな風に無意識って変えるんだろう?


どうしてもアタマで考え、答えを求めてしまうけれど、それだと、わずか3%のチカラしか使わないので、無意識をコントロールは難しいんです。


「身体の状態を変える=無意識を変える」であれば、身体の状態をいい状態に変えていけば、そのままダイレクトに、無意識をいい状態にコントロールすることに繋がるのです。


「将来が不安」


「来月が不安」


「いまのままでいいのかな?」


アタマでいろいろ不安はよぎるけど、そんな不安な思考で、無意識をいい状態に変えようと思っても、現実は好転しません。


考えすぎるから、答えを探そうとするから、わからなくなる。


理由探しが、人生を複雑にします。


とにかく、笑おう。


ウソでもいいから、笑おう。


その笑っている状態が、意識の97%を占める無意識を「楽しい」状態に変容させます。


もう、今年もあと数日ほど。


理由なんて、なくていいんです。


年末だし、いろいろあったと思いますが、すべてはさておいて、笑おう。


笑って過ごしましょ☆彡


ひとりでいても、口角あげて、ニコってしましょ☆彡


終わりの感情が楽しければ、楽しい波動が漏れでて、楽しい現実を引き寄せることになりますから(^_-)-☆


ただただ、たくさん笑いましょう☆彡